これは早期退職に追い込まれたOLとの話






突然の人事異動に俺は戸惑った。






一週間後に営業から工場への転勤だった。






何で俺が…という思いを胸に新天地の門をくぐった。






作業着を来ての力仕事で入荷された資材を所定の置き場へ運ぶ作業だ。






真夏の倉庫は蒸し風呂のように暑くてフラフラになる毎日だった。







仕出の弁当を食べて午後の作業をやっていたら







見覚えのある車が駐車場に止まっていた。





あれは確か…役員の車だよな。






30分程過ぎた頃、女性社員を連れた事務の課長に会議室に呼ばれた。






『黒川君、君は酒井さんの仕事を引き継いで貰うからね。じゃあ後はよろしく指導を頼むよ』






そう言うと小太りの課長はだるそうに会議室を出ていった。




つづく





黒川健吾:28歳
酒井弥生:35歳

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ