孤独な夜の料理人

情事を描いたR18小説。二次小説も構想中です!

カテゴリ: 過去との情事

プロローグ






もしもあの時こうしていれば…今の人生はもっと輝いていたのだろうか?









2017年2月






俺は平井哲雄






1980年生まれの36歳独身。




池袋西口から歩いて20分のオンボロマンションに住んでいる。





仕事は食品原料の商社勤務で営業マン!





営業成績はいまいちで先輩から教えて貰ったキャバクラ遊びに精を出している(^^;





池袋に住んでいるのもキャバ嬢をお持ち帰りしやすい為である。





趣味はギターでオヤジバンドを組んで月に度はライブハウスで演奏している。





今日も朝から課長に低い売上げで怒られて冴えない1日が始まった。




つづく




平井哲雄→36歳の冴えないサラリーマン



にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ




売上げは少ないけど自分を可愛がってくれる得意先を回り





空いた時間は営業車の中で昼寝。






売上げの大きな厳しくてうるさい得意先にはあまり行かない。




だから、後輩が自分より大きい得意先を任されている。






俺の人生は本当にこれで良いのだろうか?





会社に戻ると同じ部署の同僚や事務の女子社員から冷たい目で見られる。




課長から『今日は新しい発注は取れたのかよ?』




と嫌味な言葉を投げ掛けられると同僚達は下を向いて





小馬鹿にしたような笑みを浮かべる。





19時頃にトイレに向かうと別の部署の小田係長が近寄ってきた。




『今日は行ける?』




『あっ!ハイ!あと30分位で上がれそうですね』




『そうか!じゃあ何時もの店で待ち合わせるか!』





『OKです(^^)d』




会社で俺に唯一優しくしてくれる気の合う先輩だった。


つづく




平井哲雄→36歳の冴えないサラリーマン



にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ


41歳の小田係長、独身。





女遊びに精を出し過ぎて婚期を逃していた。





出来る営業マンだが独身は管理職に着けさせない古い体質の会社なので





出世街道から外れていた。






小田係長と同じ部署ならもっと仕事が楽しいのになぁ…。




何時もの居酒屋で談笑しながら小田係長と酒を飲んだ。




しかし、これが今日の目的ではない!




腹ごしらえしてからの二次会で行くキャバクラがメインであった。




小田係長の戦術はNo.3~4位の女の子を指名してヘルプで付く女の子を





次回から指名して落とす事だった。





『何で私を指名してくれたの?』





『えっ!だって可愛いし、よく気配りが出来るからだよ…』




といった感じで通いつめてお持ち帰りするのである。




何せ俺達は独身だから財力はあるのだからね。





今日はヘルプの女の子を指名する3回目の日だった。





『平井ちゃん!もうすぐあの子落とせそうだよ!!』





『すごいなぁ小田さん!流石ですね!!』




俺にも既に口説き落として泊まりに来るキャバ嬢が一人いた。






つづく




平井哲雄→36歳の冴えないサラリーマン



にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ


↑このページのトップヘ