俺は緑川隆二



3流大学を出て小さな食品メーカーに勤めている冴えないサラリーマン。

IMG_20180531_103635


兄貴は1流大学を卒業して大企業に就職した秀才で子供の頃はよく比較されて




惨めな思いをしてきた。



だからといって兄貴の事は嫌いではなく、いつも後をついて回っていた。



社交的で性格の良い兄貴はみんなから慕われていて頼りになる存在だった。




いつかは兄貴みたいになりたい!と頑張ってみたが、不器用な自分には無理だった。



今日も上司に『覇気が無い!売上はどうなった?』と散々怒鳴られて退社してきた。



唯一の癒やしは腰痛で通っている整骨院での治療だった。





つづく


緑川隆二→25歳の冴えないサラリーマン
小田円佳→中学の同級生
神野貞子→謎の柔道整復師