工場の仕入部門で購買窓口をしていると様々な営業マンがやってくる。





定年間際の人から若造まで仕事が欲しくて俺にヘーコラしてくる。






自分が偉くなったみたいで優越感を感じれる仕事である。






時代の流れなのか、女子の営業も増えています。






女子と呼び辛い年齢の女子や本当に若い女子まで様々です…。







中でも一番のお気に入りはOA機器販売の森下由貴だった。
[画像:3ce3e300.jpg]

古いバージョンのパソコンを3台買い換える為に、数社に見積を取っていた。





森下由貴は当社担当2年目で発注金額も同業他社より最も多かった。






課長からは購買の全権を任されているので、お気に入りの森下に融通して売上を増やしてあげていた。






そして、いつしか女として見るようになってしまった。





峰岸正道→32歳
森下由貴→28歳

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ