下半身に纏わり付くような柔らかい感触に包まれて由貴の奥まで挿入した。






パン!パン!パン!パン!!






『あぅ…おう!おう!はあぁ…』







『あぁん…あん…あん…ヤバいぃ…』





由貴の中で膨張を続ける遮断機を激しく出し入れしてやった。







動きを止めると由貴はベットに力なく沈んでいった。







そのまま俺も覆い被さって後ろから挿入した。







柔らかい美尻の感触と長い髪の良い香りを堪能して突きまくった。
[画像:d66b2bbe-s.jpg]


由貴を仰向けにして挿入すると抱き上げて美尻を掴みながらキスをした。






『うぅ…あん…はあぁん…あん!あん!!』





こすり付けるように腰をスライドさせると由貴はせつない表情を浮かべて喘いでいた。







そして、俺はベットにベッドに寝転んで騎乗連結で突き上げた。
[画像:75b42916-s.jpg]


巨乳が振動に合わせて悩ましく揺れている。







つづく




峰岸正道→32歳
森下由貴→28歳


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ