ホテルの部屋に入り由貴と向き合った。




『事務所でああいう事するの止めてくださいね!バレたら大変じゃないですか(-_-#)』





怒った顔が可愛くて髪を撫でながらキスをした。







そのままベットに押し倒すと由貴は少し抵抗した。







『ちょっとぉ…服がシワになっちゃうじゃない!』





『ゴメンね!でも、もう我慢出来ないんだよ!!』







ワイシャツの上から牌乙を揉むと抵抗が緩んだ。








『もう…しようが無いんだから…(-.-#)』





由貴は自らワイシャツのボタンを外して谷間を露わにさせた。

[画像:86c2ec47-s.jpg]


ワイシャツを丁寧に脱がしてあげてベットの脇の椅子に掛けるとタイトスカートのジッパーに手を掛けた。





この裸体が露わになっていく課程が堪りませんね…。


[画像:e6f99e9a-s.jpg]

パンティとストッキング姿を堪能しながら由貴が伝線しないように







慣れた手つきでストッキングを脱いだ。







つづく



峰岸正道→32歳
森下由貴→28歳


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ