約束の土曜日になり今度は俺の最寄り駅まで電車で来てくれた。











今日はワイシャツとカーディガンにジーンズだった。













食事をしてカラオケに行き、改めて口説き落とした。













そして、目的どおりに俺の部屋に連れていくと
今日は電車で帰るとの事。







まずはビールで乾杯!















座敷テーブルにおつまみを置いてガンガン飲み始めた。















会話もテンポ良く流れて、話を強引に下ネタに持っていく。















その度に直子の細い肩や腰に手を回した。













2人でワインを半分開けた頃に耐えきれなくなった俺は













キスをしながらリビングに押し倒した。















巨乳を揉みジーンズのホックを外そうとしたら













『こんな明るい所じゃ、恥ずかしくて嫌だ!』













と直子に言われてベッドルームへ連れて行った。













電気を豆電にしたら『全部消して』と言われ従った。













ベッドに直子を寝かして言った。













『真っ暗にしたら直子ちゃんの可愛い顔が見えないじゃない…』













『恥ずかしいからこれでいいの!!』













直子は掛け布団を首もとまで掛けてしまった。

















もっと酔わしてから行動に移せば良かったかな…。















つづく





黒川健吾:27歳

三枝直子:21歳



にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ