孤独な夜の世界

情事を描いたR18小説。二次小説も構想中です!

2018年10月

根岸麻衣との関係を持った事に後悔していた。



同じ会社だと色恋事は何かとリスクが伴うからである。



でも、彼女みたいな可愛い女の子に追いかけられらるのは悪い気はしない。



『付き合おうか?』という言葉はいつも人の左肩に浮かんでいるセリフには出てこない。



彼女とは遊びに徹底しろという事なのだろうか?

image




セリフのお陰で上手く立ち回れているので書いていない事を話す勇気は無かった。



そして、彼女からLINEで『今夜飲みに行かない?』と来たのでOKと返した。



今夜も彼女と楽しい夜を過ごせそうだぁ。




つづく



緑川隆二→25歳の冴えないサラリーマン
根岸麻衣→23歳の同僚OL
小田円佳→中学の同級生
白井美穂→整骨院のアラサー受付嬢
神野貞子→謎の柔道整復師

女子4人に囲まれてバンドの練習を開始した。



会話の途切れない女子達に囲まれて時が経つのを忘れてしまいそうな楽しい時間だった。



この中の北野華子がいるのだろうか?



岩本彩華かあの魅惑的な母親?



もしかして、うちの母か妹だったら絶対に現代に戻るのは不可能だなぁ…。



無差別に連結を出来るわけではない。



男女の関係はそんな簡単なものではないからね。



このバンドで練習をしているとそのまま平井哲雄で生きていくのも悪くないかも…。



でも、早く大人になって酒を飲みたいね!


つづく


平井哲雄→36歳の男がタイムスリップして同姓同名の高校生に生まれ変わった。 

川口健太→哲雄の親友 
戸田和樹→長身で喧嘩が強い 
嵐山達也→イケメンの友達
三郷愛美→哲雄の彼女 
熊谷綾子→愛美の友人で巨乳 
川越香奈→同じクラスの和樹に片想い
恩田秀人→歌って踊れる生徒会長
磯貝真樹→恩田の彼女
菊川美香→軽音楽部ベースで哲雄の幼なじみ
大島有紀→軽音楽部ヴォーカル
篠崎希美→軽音楽部ドラム
森下梨花→軽音楽部ギター
板橋広志→軽音楽部ヴォーカル
高島涼太→軽音楽部ギター
志村龍平→軽音楽部ベース
三田雅人→軽音楽部ドラム
目黒賢治→1コ上の怖い先輩
岩本彩華→優しい後輩
千葉翔太→1コ下の後輩ドラム
佐倉謙吾→1コ下の後輩ベース

有紀『そういえば…テッチャンを階段から突き落としたの…広志だよね多分!』



美香『憶測で物事言うの止めなよ!まあ確かに疑わしいけどね…』



有紀『美香がテッチャンの事、気になっていたから広志がヤキモチ焼いたんだよ!』



美香『ちょっと!有紀!!あんたいい加減にしなさいよ!!』



3人の会話を遮るかのように篠崎希美と左手を怪我している森下梨花が到着した。



板橋が俺を嫌い階段から突き落とした理由がやっと分かった。



つづく


平井哲雄→36歳の男がタイムスリップして同姓同名の高校生に生まれ変わった。 

川口健太→哲雄の親友 
戸田和樹→長身で喧嘩が強い 
嵐山達也→イケメンの友達
三郷愛美→哲雄の彼女 
熊谷綾子→愛美の友人で巨乳 
川越香奈→同じクラスの和樹に片想い
恩田秀人→歌って踊れる生徒会長
磯貝真樹→恩田の彼女
菊川美香→軽音楽部ベースで哲雄の幼なじみ
大島有紀→軽音楽部ヴォーカル
篠崎希美→軽音楽部ドラム
森下梨花→軽音楽部ギター
板橋広志→軽音楽部ヴォーカル
高島涼太→軽音楽部ギター
志村龍平→軽音楽部ベース
三田雅人→軽音楽部ドラム
目黒賢治→1コ上の怖い先輩
岩本彩華→優しい後輩
千葉翔太→1コ下の後輩ドラム
佐倉謙吾→1コ下の後輩ベース

↑このページのトップヘ