静かな空に爪痕残す

情事を描いたR18小説。13匹の金魚飼育とサイクリング備忘録。

2018年05月

俺はギターに専念して恩田がキーボードを弾きながら歌った。




恩田の歌声はとても綺麗で新入生達がどんどん俺達の音楽に引き込まれていった。



唸りを上げるギターサウンドに新入生達がステージ前に押し寄せてきた。




板橋達の時より明らかに新入生達の反応が良いので完全勝利を確信した。

IMG_20180522_000335


見たか!これがオジサンの底力だぜ!!




つづく

上手にはギターを持った俺、下手にはキーボードとパソコンに囲まれた恩田がステージに立っている。




『TM NETWORKかよ!』


『ギャハハハ!!』


新入生達は俺達を馬鹿にして笑った。



パソコンを操作してキーボードを叩く音がすると『おぉ!』と再び歓声が上がった。

IMG_20180522_000027


この反応は俺も恩田も想定内だった。




恩田のセッティングが終わったようなので、俺のギター早弾きショーを開催した。




ギュワァン!ギュワワァン!!




爆音で俺がギターソロを奏でると新入生達は慌てふためいた。



ギターの音を歪ませて決めポーズを取ると恩田が作った電子音が体育館に響き渡った。




つづく

見た目はGoodな板橋達のバンド!



しかし、どれだけ着飾っていても演奏技術は誤魔化せない…。




1曲目の中盤に差し掛かってくると新入生達はザワザワしてきた。



見た目とは裏腹に演奏とヴォーカル板橋の歌唱力が劣っているからだった。




俺は心の中で失笑していた。



ステージの前に立っていた男子生徒達が次々と自分の席に帰っていった。



そして、格好いい先輩を見たさに女子達だけが残っていた。

IMG_20180521_235735




特に見せ場を作れないまま、板橋達のヴィジュアル系バンドのコピー5曲が終了して幕が閉じた。




遂に俺と恩田の出番だ!




俺より恩田がかなり緊張している様子だった。



体育館位の大きいハコで演奏した事はないが、オヤジバンドに面子に賭けて




一発ど派手にかましてやるぜ!!




つづく 


平井哲雄→36歳の男がタイムスリップして同姓同名の高校生に生まれ変わった。 

川口健太→哲雄の親友 
戸田和樹→長身で喧嘩が強い 
嵐山達也→イケメンの友達
三郷愛美→哲雄の彼女 
熊谷綾子→愛美の友人で巨乳 
川越香奈→同じクラスの和樹に片想い
恩田秀人→歌って踊れる生徒会長
磯貝真樹→恩田の彼女
菊川美香→軽音楽部ベースで哲雄の幼なじみ
大島有紀→軽音楽部ヴォーカル
篠崎希美→軽音楽部ドラム
森下梨華→軽音楽部ギター
板橋広志→軽音楽部ヴォーカル
高島涼太→軽音楽部ギター
志村龍平→軽音楽部ベース
三田雅人→軽音楽部ドラム
目黒賢治→広志の友達



↑このページのトップヘ