由貴を四つん這いにさせると下に潜り込んで六十九式の体勢に入る。






今度は美尻を撫でながら別角度から満湖を舐め舐めした。





由貴の眼前でいきり立っている遮断機を冷たい指先で撫でてくれた。
[画像:d42bc207-s.jpg]

パクッとして貰いたいが、『シャワー浴びてないじゃない!』と言われそうなので我慢した。







『あぁん…あん…気持ちいい……』







由貴も気持ち良くて盛り上がってきたのか遮断機をパクッとしてくれた!







『おぉ…森下さん…スゴいよ…』





『気持ちいい?』






『あぁ…とってもいいよ…』







チュパ!チュパ!ジュルジュル!!







無機質な部屋に男女の愛撫する音だけが響いている。







巨乳を揉み揉みしながら由貴との六十九式をじっくり堪能した。






そして、由貴の下から抜け出すとバックから連結した。

[画像:fdf44c9c.jpg]







つづく



峰岸正道→32歳
森下由貴→28歳


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ