中腰になって由貴の牌乙を揉みしだくと攻撃の手が緩み遮断機を引っこ抜いた。







危うくイカされるところだったぜ…。







『森下さんのフェラーリ…マジで気持ち良すぎデスよ!』







『本当ですか!?有難うございます』





再び由貴をベットに寝かせると熱いキスを交わした。







遂に由貴と念願の連結が出来る!
[画像:1e273e7d.jpg]

無防備な下半身に近づいて太股をたぐり寄せる。





先っちょを宛がうと吸い込まれるように挿入していった。







何これ?凄すぎる!





温かい粘膜にすっぽりと収まると今まで味わった事がない快感が湧き上がってきた。







大きくゆっくり腰を動かすと悩ましい表情を浮かべていた。







パン!パン!パン!パン!!







リズミカルに腰を打ち付けると巨乳が円を描くように揺れた。







『あぁん…あん!あん!はあぁん…あん!』






可愛い表情で喘ぐので正常連結だけでイッテしまいそうだった。







でも、これだけでは勿体ないのでバック連結に移行した。
[画像:06a42928.jpg]

大きな美尻を後ろからバコバコすると何とも言えない征服感が味わえる。






つづく



峰岸正道→32歳
森下由貴→28歳


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ