静かな空に爪痕残す

情事を描いたR18小説。金魚13匹の過密飼育と節約してロードバイクを購入する迄の記録。

2017年06月

恵美とキスをしながらカーディガンのボタンを外してカットソーを捲り上げると








ピンクのブラに囲まれた巨乳の谷間が目の前に飛び込んできた。

しっかりしたワイヤーのホックを外すと美味しそうな乳首が露出した。










白い肌に思ったより大きめの乳首がとっても美味しそう!












柔らかい巨乳を鷲掴みにすると手の間から突き出ている乳首を口に含んだ。






チュパチュパ!ジュルジュル!!







甘いヘアコロンの香りが巨乳の美味しさを引き立てて興奮は絶頂に達した。













巨乳ちゃんをたっぷり堪能した後はジーンズのホックを外しチャックを下ろして














ブラとお揃いのピンクのパンツへ指を忍ばせる。










恥ずかしそうに俺の腕を掴む恵美。













でも、すぐに濡れてきて水が弾ける音を奏で始めた。









恵美のジーンズとピンクのパンツを太ももの辺りまで脱がした。











職場の明るい照明に照らされた恵美の官能的な姿を堪能しながら自動ドアを攻め続けた。






『はあぁん…あん!…あぁん!!』







ギャルが俺の指で甘い声を出しながら乱れていく…。










近くにあったキャスター付きの椅子に座らせるとジーンズを脱がして








パンツは一旦脱がしてから右の太ももに通した。











『メグちゃん、突然こんな事をしちゃってゴメンね!!』










と言いながら甘い香りと磯の香りが交わる自動ドアを音を立てながら舐めた。




『あん!駄目…あぁん!!』





恵美は俺の髪を撫でるように掴みながら女の悦びを感じている。






つづく

黒川健吾:37歳
安生恵美:21歳



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

会社の若い女の子との連結に味をしめてしまった俺は次なるターゲットを見つけた。











彼女の名前は安生恵美。










21歳で金髪に近い茶髪でいかにもギャルっぽい女の子。












いつも、恵美が働く部署に書類を届けると用もないのに近くに来て話し掛けて貰おうとする。











そんな空気を逃さずに話し掛けて笑いをとるのが俺の日課だった。













そして、やっと2人きりになるチャンスが巡ってきた。











恵美の上司が休んで仕事が溢れていたので俺がヘルプをする事になった。












残業になったが仕事は何とか片付いた。













かなり遅くなったので同じ部署の家が遠い女の子は先に帰宅させた。










生産現場には恵美と2人きり!








ヘアコロンの甘い香りが心地よく仕事のコミュニケーションを取ると必要以上に近づいてくる恵美。










ぽっちゃりで鳩胸の巨乳タイプ。あの膨らみを揉み揉みしたい!











恵美の横に立って仕事をしているとチラチラ俺の方を見る。










そして、笑い話をしながら肩と肩が触れ合う。












警戒心の強い女の子はここでサッと離れるが、肩をくっつけたまんまでもあまり気にしない様子だった。












恵美のヘアコロンの香りと柔らかい二の腕の感触によって半立ちになってしまった。











理性が飛んだ俺は恵美の両肩を掴むと無防備な唇を奪おうとした。











恵美は驚き瞳孔を開いて俺を見つめ返してくる。













でも、そのまんま強引にキスをした。











会社でしているせいかキスだけで興奮してしまった。












舌を入れると恵美は少し躊躇してから舌を絡ませてきた。











恵美の肩に乗せていた手を背中へ回した。









ぽっちゃりした体とブラ紐の感触が欲望に満ちた手に伝わってきた。









カットソーの上にカーディガンを羽織りジーンズ姿の恵美。













触り心地のいい背中を不規則に撫で回す。












俺に身を委ねて何の抵抗もしない恵美。












デカいお尻も両手で触り回す。










弾力があって何とも柔らかい事…。













勢いに乗った俺はカットソーの中に手を入れて










ブラの上から巨乳を手繰り寄せるように揉んだ。










『メグちゃん…とっても可愛いよ…』












俺の事をジッと見つめながら巨乳を揉まれる恵美…。










何か夢を見ているみたいだな。










つづく




黒川健吾:37歳
安生恵美:21歳



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ

今更ながらおサイフケータイを使ってみようと思い、モバイルSuicaデビューしました。

image



デビュー戦が通勤ラッシュ時間帯の自動改札というハードルの高さ!




もたついたら後ろの人に激突されます




昨晩から緊張していましたが難なく自動改札をくぐり、事なきを得ました




今までのSuicaだとオートチャージにしていましたが、自動改札を通過しないと入金されません。





最寄りの駅に行かないと入金出来ないし、残金も分からなくて非常に不便でした。




これからはスマホでいつでも残金チェックや入金が出来るで便利になります!



にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ



↑このページのトップヘ