梅酒ロック

情事を描いたR18小説。二次小説も構想中です!

2017年05月

約束の土曜日になり今度は俺の最寄り駅まで電車で来てくれた。











今日はワイシャツとカーディガンにジーンズだった。













食事をしてカラオケに行き、改めて口説き落とした。













そして、目的どおりに俺の部屋に連れていくと
今日は電車で帰るとの事。







まずはビールで乾杯!















座敷テーブルにおつまみを置いてガンガン飲み始めた。















会話もテンポ良く流れて、話を強引に下ネタに持っていく。















その度に直子の細い肩や腰に手を回した。













2人でワインを半分開けた頃に耐えきれなくなった俺は













キスをしながらリビングに押し倒した。















巨乳を揉みジーンズのホックを外そうとしたら













『こんな明るい所じゃ、恥ずかしくて嫌だ!』













と直子に言われてベッドルームへ連れて行った。













電気を豆電にしたら『全部消して』と言われ従った。













ベッドに直子を寝かして言った。













『真っ暗にしたら直子ちゃんの可愛い顔が見えないじゃない…』













『恥ずかしいからこれでいいの!!』













直子は掛け布団を首もとまで掛けてしまった。

















もっと酔わしてから行動に移せば良かったかな…。















つづく





黒川健吾:27歳

三枝直子:21歳



にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

日の出を迎え明るくなってきた朝6時。







直子は慌てて飛び起きた。






『やば~い!泊まっちゃった。どうしょう!!』








『お泊まりOKじゃなかったんだ…。すぐに送るよ!』







『ごめんね!ありがとう!!』






直子は洗面所の方へ急いで駆け込んだ。







連結が終わった後、直子はすぐに眠ってしまったので








風邪をひいては可哀想なので、下着と洋服を着せていた。








もしかしたら、酔っていたので連結の事を覚えていないのかもしれない…。





直子の準備が終わったようなので俺はジャージのまま車に乗り込んだ。









朝帰りの不安と帰りの事を気にしてくれなかった








俺に対しての怒りで直子はイライラしている。








細身なのに巨乳で自動ドアの閉まりが良い直子の身体を








昨日の余韻に浸りながらチラチラと見た。






『そんなにお父さん怖いの?』







『うち、お父さんいないんだけどお母さんが厳しくて…』












信号のしばらくない道に入り、パッと横を向くと






わざとなのか、見えてないと思ってやっているのか分からないが






体育座りをしているからピンクのパンツがモロに見えた(^_^)v






そして、もうすぐ目的地に近づくので次の約束を持ちかけたら





今週末もまた会ってくれる事になった。






つづく



黒川健吾:27歳
三枝直子:21歳


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

挿入したまま身動きの取れない直子のパーカーのチャックを下ろした。











そして、キャミソールも捲って直子の背中に手を回し











ブラのホックを外した。








『直子ちゃん……とっても可愛いよ』









『あっ…はぁぁん…!あん!あん!』











俺に身を委ねた直子の吐息は悩ましく俺の耳を刺激する。











ブラを外し露になった白くて柔らかい谷間に顔を埋めると











直子が使っている香水のいい香りがする。











乳首を指で摘むと敏感に体を揺らした。











そして硬くなった乳首を交互に口に含み











直子の柔肌をもてあそんだ。









『もう……俺…駄目だ…うぅ…あぁ…』











『あっ…あぁぁ…いく……気持ちいい…あっ…』









直子の可愛い声に比例して











自動ドアがどんどんキツく締まる。









駄目だ……気持ち良すぎる







そして俺は体制を変える事となく正常連結のまま発車した。




つづく


黒川健吾:27歳
三枝直子:21歳

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

↑このページのトップヘ