静かな空に爪痕残す

情事を描いたR18小説。金魚13匹の過密飼育と節約してロードバイクを購入する迄の記録。

どうして俺は自分が前世で住んでいたアパートを選んでしまったのだろうか?


元の自分に戻りたい気持ちとこのままイケメンで良い思いを続けたい気持ちの葛藤があるからだろう。


幽霊ではないから美味しいモノを食べたら普通に美味しいし、女を抱いたら超気持ちいい!



しかし、いくら頑張っても本当の自分に戻ったら本当の平井哲雄のモノになってしまう。

IMG_20190216_090021

でも、無気力に生きたら前世と同じになってしまうし、元に戻らなかったらあの時こうすればと後悔してしまう。



せっかく若者に生まれ変わったのだからやりたい事に挑戦する!


アパートで引っ越しの片付けをしながら俺は心に誓った。



つづく


平井哲雄→36歳の男がタイムスリップして同姓同名の高校生に生まれ変わった。 

菊川美香→軽音楽部ベースで哲雄の幼なじみ
大島有紀→軽音楽部ヴォーカル
篠崎希美→軽音楽部ドラム
森下梨花→軽音楽部ギター
千葉翔太→1コ下の後輩ドラム
佐倉謙吾→1コ下の後輩ベース

高校を卒業すると進路はバラバラだった。



就職が主な進路で専門学校に行く生徒もチラホラいる。


上京するのは東京に親戚の家がある音楽の専門学校に進学した菊川美香と俺だけだった。



母親と上京してアパート探しをした。



大学に進学できた息子を持って鼻高々な様子だった。



冗談半分で本当の自分が住んでいたアパートがある池袋の不動産屋に行くと空室有り。

IMG_20190216_090303



住んでいた202号室ではなく301号室が空いていて即契約した。


まだ築3年のアパートはピカピカに綺麗で明るい木洩れ日が差し込んでいた。


つづく


平井哲雄→36歳の男がタイムスリップして同姓同名の大学生に生まれ変わった。 


第2部


俺は平井哲雄38歳



同姓同名の高校生に乗り移って2年の月日が経った。


三郷愛美と別れてから特定の彼女は作らず遊びまくった高校生活が終わりに近づいた。

IMG_20190216_090108


菊川美香が北野華子だと仮定して一線を越えない友好関係を保っていた。


彼女と連結した瞬間にあの冴えないサラリーマンに戻りたくなかったからだ。



本物の平井哲雄への恩返しをしたくて必死に勉強して自分が通った大学に進学できた。



ヤンキー高校だったから少し成績が上がるだけで推薦が取りやすくて合格できたようなものだった。




つづく



↑このページのトップヘ