静かな空に爪痕残す

情事を描いたR18小説。13匹の金魚飼育とサイクリング備忘録

東京は1℃


『イイ波のってんね~!』が耳から離れないモルトです(´▽`)ノ

IMG_20190104_095055

関東地方も大雪警報がでているので1年5ヶ月振りの金魚水槽大掃除です!

DSC_0667

エアレーションしたバケツに金魚達を移します。暴れて辺りは水浸し(^^;)

DSC_0668

コルクマット/発砲レンガ/コルクマットの水槽台です。

DSC_0669

水はけが良いみたいで下駄箱の天板が腐ったりはしていませんよ!


1時間半程で作業終了です。

DSC_0670

左下の白い金魚が移し替え作業中に暴れて玄関へ落ちてしまい焦った(>_<)

DSC_0671



体を動かすと彩華もゆっくりと可愛い笑顔を作って目を覚ました。



哲雄『寝ちゃったね!』


彩華『温かくて気持ち良くて寝落ちしちゃった!!』


哲雄『寝て起きてもまだかちかちなんだけどw』


彩華『触ってあげるね!』

IMG_20190101_215352

細くて冷たい指が遮断機を触り慣れている感じだった。



気持ち良くて思わずこのまま暴発してしまいそうだなぁ…。



つづく

寂くて温もりが欲しいから男を次々と招き入れていたのだろうか。



涙を流している少女に事を進める訳にはいかず、隣に添い寝して腕枕をしてあげた。


IMG_20181212_075537

彩華は嬉しそうに俺の顔を眺めていた。



シャンプーの香りが心地良くて娘を抱いている気持ちになり少々眠りについてしまった。



1時間程眠っていただろうか?



目を覚ますと直立不動に遮断機がいきり立っている。



『俺の処理はどうするんじゃい!』と急かして来るようだった。



つづく

↑このページのトップヘ